So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

鼈甲細工はじめました [海外隠遁生活日記]

この前ドレメルを買った時に今年はべっ甲細工をやると言いました。

有言実行が私の主義です、が、最近はどうも腰が重くて・・

これではいかんということでちょっとだけ作業を始めました。

髭の手入れをするために櫛が欲しいと思っていたので今回はべっ甲の櫛を作ってみます。

さて、私が今ストックしているのはこれだけ。
shell tortois1.jpg
以前、離島の砂浜で拾ってきたものです。

これはいろいろ細工できるくらいの厚みがあります。
shell tortois2.jpg
厚いところで2.5ミリですね。

自分のべっ甲はもったいないので今回の材料は町のギフトショップで調達することにしました。中国人が中国人観光客相手にやっている店では、玳瑁と書いて売られています。

ベッコウガメの標準和名はタイマイといいますが、もとは中国語なんですね。

でもねえ、ここで買ってもべっ甲製品は法律によって国外に持ち出すことはできないことになっています。ところが、この国ではべっ甲を伝統的に使ってきた歴史があり、国内の取り引きはかなりオープンです。

今回はすでに櫛として売られていたものを8ドルで購入しました。
Dscf9697.jpg
櫛のような形はしていますが実用性はほとんどない代物です。

これを修正して本物の櫛にしようという作戦です。
Dscf9700.jpg
しかし、櫛というのは非常に形成が難しく面倒なことに手を出してしまったなあというのが本当のところ。

まあ、暇を見つけてボチボチやります。

でも、この作業にドレメルの出番はないですね。


nice!(9)  コメント(0) 

ただいま演奏中 [SONEX雑感]

今日もネット上の拾い画像です(こういう出所がわからない画像を掲載するのはもう止めます)。

私のいるところはネット環境が劣悪で動画を見ようなどという気は全く起こりませんが、最近はYouTubeに結構SONEX演奏動画はあるようですので興味のある方はそちらからどうぞ。。

さて前々回の続きではありませんが・・・

当時の美少年も今ではこうなって?
1.jpg
SONEXともどもビンテージの仲間入り。

イマドキのBoysにもやはりSONEXは似合います。
2.jpg
引き倒してナンボのギター。

路上でSONEXを演奏中の若者。
3.jpg
何か世の中に不満があるんですかねえ? いいねえ。こういうの。



nice!(6)  コメント(0) 

マニアックですみません [SONEXムダ知識]

ネット上の拾い画像です。
1.jpg
いつどうやって見つけたのかもはや記憶にありません。

このCDジャケット?のグラフィックスに使われているギター。

SONEXだよ!

楽曲聴いてないし何とも言えないけどタイトルの「スクリーミング」とSONEXが関連しているとなるとこれは相当期待できるね!

Screaming without eyes/Jose' Luis Diaz



nice!(9)  コメント(0) 

1980年代アメリカ [SONEX雑感]

SONEXが販売されていた当時の貴重な写真(出所不明)。
22.jpg
もろに80年代といった美形の少年、SONEXでギターを始めました。

おそらく当時のアメリカではあちこちで見られた光景なのでしょう。

しかし、この時代の空気感とSONEXの音は完全にミスマッチ。

ギブソンさんもそれに気づいたか、その後、時代に安易に迎合した変てこなギターをいろいろ出してみんなコケましたね。
Image1.jpg
Image2.jpg
(このギターが何なのか分る人はどれだけいるのだろう?)

うーん、きらめきと迷走・・・1980年代はそういう時代でした。



nice!(14)  コメント(0) 

謎のベルベットブリック [pickup]

SONEXのDELUXEにはSONEX-180 DELUXEとスタンプの押された専用ゼブラピックアップが搭載されていました。
1.jpg
2.jpg
私は便宜上ソネックス・ピックアップと呼んでいます。

ところがときどき詳細のわからないものがあります。

例えばこれ。
3.jpg
一見、何の変哲も無いソネックスピックアップのように見えますが・・・

あれまっ!黒ボビン!
4.jpg
しかもヘックスのオールアジャスタブルポールピース!

一体なんなんでしょうかねえ???

私はSONEXにマウントするためにどこかのマニアが改造したピックアップだと睨んでいます。

で、思い出したのですが、以前、断線したダーティーフィンガーズをヤフオクに出品したことがあるんです。

幸いなことにジャンクの意味をきちんと理解した方に落札していただけました。

落札者さんは断線の状況をみて修理かリワインドをするとのことでした。

そこまでやる人がいるんだなと非常に感心しました。

しかも、その落札者さんは女性でした。

自分はジェンダーフリーな考え方をするほうだと思いますが、やはり、同じ趣味の女性がいるという事実に正直驚きました。だってこの世界はちょっと変わったオタク系男子が多いじゃないですか。

どんなかたなんでしょうね?・・・妄想。



nice!(10)  コメント(0) 

バレンタインのチョコレート [どうでもいい話]

ほんの5日前はバレンタインデーだったのに、もう誰も話題にしません。

なので私がネタにします。

2月14日にこんな写真が送られてきました。
stvtsday.jpg

娘から「パパにぴったりのチョコレートを見つけたので買ってきました。写真を撮って、あとはパパに代わって食べてあげました。」とさ。

日本じゃこういうチョコレートって普通にあるものなんだろうか??


nice!(10)  コメント(0) 

SONEXのカタログ [SONEXムダ知識]

SONEXが販売された当時、本国の楽器店ではカタログ(フライヤー)が配られました。

こういう一枚紙を折りたたんだものです。
1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg

これとは別にプレオーナーズマニュアルという、グレード別に緒元が書かれたカードもありました。
5.jpg
6.jpg

これらはだいぶ数が出回ったらしく、私も特に苦労することなしに手に入れることができました。しかも、1ドルとか2ドルとか単なる古物の価格でした。

ところがある時Ebayにこんなものが出てきました。
dealer1.jpg
dealer2.jpg
dealer3.jpg
これはギブソンディーラー用のサービスマニュアルのようなものです。

書かれている内容についてはすでに分りきったことなのですが、本来流通するものではないので私にとってたまらない掘り出し物でした。関連グッズは何でも集めちゃえみたいな。

で、速攻で入札に加わったのですが・・・

値段はどんどん跳ね上がり・・・

私はついに再入札を断念しました。

いったい誰がこんなものにそんな高値を付けるんだろう??

私はSONEXのコアなマニアと交流したくて情報を発信し続けているわけですが、
そういう人たちはなかなか正体を現しません。

でも、マニアは確実に存在するという手応えみたいなものは感じました。

どこかにかつての私のように個人でSONEXをたくさん集めている人がいるんだろうなあ。









nice!(4)  コメント(0) 

ドレメル買いました [海外隠遁生活日記]

こちらのホームセンターでは月替わりのセールをやっています。

それで今月のチラシを見ていたら・・・

おっ!ドレメルが出ている!日本で買うより相当安いぞ!!

で、翌日には買ってしまいました(衝動買いではありません、本当に欲しかったのです)。

それがこれです。
dremel 200 box.jpg
dremel200 1.jpg
日本では見かけない200シリーズという2スピードのやつです。

価格はなんと48.97ドル。今の為替レートでおよそ5,500円なり。

アマゾンで調べてみたら13,306円~25,636円(並行輸入)で出ていました。

うん、いい買い物したぞ!!

今年はベッコウとかいろいろ細工物をしようと思っています。

ところでドレメルもそうだけどアメリカ製品、実はメキシコ製というものは多いよなあ。
アメリカを代表するギターのフェンダーだってそうだし。トランプさんどうするつもり?




nice!(11)  コメント(0) 

貫禄のSONEX ARTIST [SONEX雑感]

いろいろ考えた末にEbayネタは解禁することにしました。ただし、開催中のオークションは原則として取上げません。

そんなわけで今日のネタは2007年にインドネシアからEbayに出品された1981年製のARTISTです。
81sonexartist.jpg
金色に見えますがシルバーバーストが変色したものです。

ネック裏から木地が見えています。
artist4.jpg
3ピースです。一般的なメイプルではないようですね。導管の出方がマホガニーともちょっと違うし・・・

改造及びパーツ交換一切無しの完全オリジナルです。
artist2.jpg
これはアマチュアの楽器ではありませんね。ポンコツSONEXはいくらでも見る機会がありますが、こういう使い込まれてちょっと貫禄の出てきたSONEXには滅多にお目にかかれません。

まったく私の想像なのですが、このギターはナイトクラブなどの箱バンで使われていたのではないでしょうか?クルマで言えばタクシー車両のような業務用ギター。

この個体に関してはマニアとして食指は動かないです。何かが足りない・・・いったい何だろう?

外国人の間ではよく「このギターにはMojoがある」とか言います。それは音の話で見かけの問題ではないし・・・



nice!(9)  コメント(0) 

怖いもの見たさ [海外隠遁生活日記]

この小屋みたいなものはなんでしょう?
1.jpg

中には窓と換気扇がふたつあるだけ。
2.jpg

これでどうかな?何やら漢字が書いてあります。
3.jpg

なんだこのタイヤ?
4.jpg

あれっ?バイク?
5.jpg

単気筒の4ストエンジン。
6.jpg

なんか作りが微妙です。
7.jpg

答えはこれ!当地のポリス仕様の三輪オートバイでした。
9.jpg
DAYANGというブランドで漢字で書くと大陽。でも日本語の太陽のことではないと思います。

こいつは訳あって私の職場の敷地内に放置されています。一応動きますが誰も乗りません。私も含めて。。本物の警察車両なので。

アジアを中心に世界中でとんでもない数の三輪バイクが走っているはずです。が、バイク先進国の日本ではまずお目にかかることが無いと思い紹介しました。



nice!(9)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る