So-net無料ブログ作成

ネックの取り付け [SONEX再生計画]


ネックの調整が一段落したので、クリーニングが先に終わっているボディーと合体です。

このCUSTOMはネック装着前に塗装がされているタイプですね。
1.jpg
後年、SONEXはコストダウンのためにネック装着後に塗装が行われました。

このギターを組み立てたのはJohnさん?
2.jpg
なんだかんだ言っても、SONEXは本当にMADE IN USAだったんですね。

ネックジョイントスクリューはきれいなもんです。
3.jpg
さびもなければ頭のササクレもなし。ボルトオンだからといって意味もなくネックを外したりしないでくださいね。素人が外していないかマニアはここを重点的に見ています(笑)

ネック本体のハードメイプルが乾燥しきっているためか、非常にネジが硬いです。
4.jpg

均等にスクリューを締めていく作業は慎重に。
5.jpg
言うまでもありませんが、対角線上のネジで締めていきます。

このものすごい隙間はもともと・・・だよね?
6.jpg

ぴったりしていないことが、時にありがたいこともあります。
7.jpg
特に今回みたいに、あちこち縮んだり伸びたりした時に。

まだ、最後の締め込み前です。が、どうにか面と面で合体できました。
8.jpg
ネックがボディーとまったく合っていないように見えるのは、ご愛嬌。もともとこんなですから。

この細いネックは重たいSONEXのボディーを支えるのにはちょっと強度不足です。こんなにベンドしたかなあ。もう他のSONEXのCUSTOM80がないから比較できなくなってしまいました。













nice!(11)  コメント(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。