So-net無料ブログ作成
SONEXムダ知識 ブログトップ
前の10件 | -

スイッチを移す [SONEXムダ知識]

SONEXのカスタマイズで時々見られるのが、ピックアップセレクターの移動です。
Image1.jpg
トグルスイッチをレスポールと同じ位置に移すわけですが、そう簡単な改造ではありません。もちろんピックガード上では新しい穴を開けるだけですが・・・

こちらの個体で見てみましょう(この塗色は銅メタリックというかカッパーというかものすごく目立つ色ですね!)。
Image2.jpg
このようにボディー側はスイッチ・配線部分をザクらなければならないのです。SONEXのボディーは樹脂製なのでノミで手彫りするのはちょっと難しいかもしれません。経年劣化が始まった樹脂は柔軟性がなく割れやすいのです。

この個体は黄色の丸で囲んだところを加工してあります。
Image3.jpg
絶縁テープでよく見えませんが、木工所のルーターできちんと加工したようですね。(話は違いますがこのSONEXにはよく分からない穴が2個開けてあります。何???)

いずれにしても、こんな面倒くさいことをするくらいなら中古のレスポール買ったほうがいいと思うのですが・・・

それをやっちゃう人が世の中結構いるんですよね。私のような好きものが。にやりっ。


nice!(10)  コメント(0) 

何コレSONEXを鑑定する2 [SONEXムダ知識]

今日の何コレです。
1.jpg
電装からみてこれはDELUXEです。普通ならこれで鑑定終了!

ところがロッドカバーがSTANDARDなんです。んっ??
2.jpg

エボニー指板に1フレットのポジションマークとくればこれはCUSTOM80のはずです。
3.jpg
指板のサイドまで塗装されているのが80年製ネックのお約束。

ほら、やっぱり80年製です。
4.jpg

しかし、ネックが交換された気配はありません。
5.jpg

裏から見てもやはり交換された形跡はありませんね。
6.jpg

ところが電装はまんまDELUXE。しかも、かなりきれいです。
7.jpg


私がごく常識的な範囲でこの個体を鑑定すると、何者かによって改造がなされており、

1.ベースは1980年製のCUSTOM
2.それに他のDELUXEの電装をフル移植
3.最後にSTANDARDのトラスロッドカバーをEbayなどで入手し装着

こんなところでしょうか。

ただし、STANDARDは製造が少なくラインナップでは試作モデル的扱いだったような気がします。

従来、ベーシックのDELUXEの電装をアップグレードしたのがSTANDARDと考えられてきました。一方で使用材のアップグレード版としてのSTANDARDというのも企画されたのかもしれません。その両方がアップグレードされたのがCUSTOMということになります。

その意味からいくとこんな仕様が実在してもおかしくないのかな。悩ましいなあ(ちなみにこのロッドカバーをDELUXEにしただけで先週の何コレと同じ仕様になりますね!)。




nice!(7)  コメント(0) 

何コレSONEXを鑑定する [SONEXムダ知識]

この個体は何でしょうか?
Image01.jpg
写真だけで判断すると1981年頃のDELUXEのようです。

ところが困ったことにネックが・・・
Image1.jpg
1フレットにポジションマークがあります。シェイプとしては完全に1980年CUSTOMのネックです。

オーナーはフルオリジナルだと言っています(悪意の無い思い込みのことが多いんです)。

この仕様のDELUXEが存在することについてはいろいろな仮説を立てることができます。

でも、やはり実物を見ないことには・・・

こういうDELUXEが本当にあったのかも知れません。

だとしたら、マニア垂涎のお宝です。

つーか、今日のネタはマニア以外、何の話しているかわからないんじゃないの??



nice!(12)  コメント(0) 

マニアックですみません [SONEXムダ知識]

ネット上の拾い画像です。
1.jpg
いつどうやって見つけたのかもはや記憶にありません。

このCDジャケット?のグラフィックスに使われているギター。

SONEXだよ!

楽曲聴いてないし何とも言えないけどタイトルの「スクリーミング」とSONEXが関連しているとなるとこれは相当期待できるね!

Screaming without eyes/Jose' Luis Diaz



nice!(9)  コメント(0) 

SONEXのカタログ [SONEXムダ知識]

SONEXが販売された当時、本国の楽器店ではカタログ(フライヤー)が配られました。

こういう一枚紙を折りたたんだものです。
1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg

これとは別にプレオーナーズマニュアルという、グレード別に緒元が書かれたカードもありました。
5.jpg
6.jpg

これらはだいぶ数が出回ったらしく、私も特に苦労することなしに手に入れることができました。しかも、1ドルとか2ドルとか単なる古物の価格でした。

ところがある時Ebayにこんなものが出てきました。
dealer1.jpg
dealer2.jpg
dealer3.jpg
これはギブソンディーラー用のサービスマニュアルのようなものです。

書かれている内容についてはすでに分りきったことなのですが、本来流通するものではないので私にとってたまらない掘り出し物でした。関連グッズは何でも集めちゃえみたいな。

で、速攻で入札に加わったのですが・・・

値段はどんどん跳ね上がり・・・

私はついに再入札を断念しました。

いったい誰がこんなものにそんな高値を付けるんだろう??

私はSONEXのコアなマニアと交流したくて情報を発信し続けているわけですが、
そういう人たちはなかなか正体を現しません。

でも、マニアは確実に存在するという手応えみたいなものは感じました。

どこかにかつての私のように個人でSONEXをたくさん集めている人がいるんだろうなあ。









nice!(4)  コメント(0) 

レフティーSONEXは改造の宝庫? [SONEXムダ知識]

私のSONEX画像コレクションからレフティーを拾ってみると、なんとその半数は改造個体です。なんでこんなに改造率が高いのでしょうか???

ちょっと見てみましょう。

このオーナーさんはリアピックアップを換えてみました。
1.jpg

ピックアップを両方とも換えてみました。
2 1983.jpg
ここまではよくある話ですが・・・

シングルコイルに換えてみました。
3.jpg
んっ?写りが悪くて申し訳ありません。

コントロール類の配置を変えてみました。
4.jpg
この個体は以前ヤフオクで見たことあるので今は日本国内にあるのかも。

ブリッジとナットを強化してみました。
5 1980 bridge replaced.jpg
実戦向けね!

電飾ギターにしてみました。
6.jpg
当ブログに既出の個体です。

ピックアップを3Hにしてみました。
7.jpg
やばっ!これはかなり完成度高いぞ!

てな具合でレフティーのオーナー(左利きの人)ってちょこちょこ改造したくなる人が多いみたいですね。

これってまさか右脳と左脳の特性が関係しているのでしょうか??

だとしたら面白いです。




nice!(9)  コメント(0) 

レフティー [SONEXムダ知識]

最近は左利きを無理に矯正しなくなったせいか、周りにずいぶん左利きの人が多いと感じます。そのわりにいろいろな道具はまだ右利きを前提に作られていますね。楽器もまた然り。

ウチの娘が左利きだったこともあり、私はレフティーギター&ベースに多少馴染みがあります。楽器を選ぶ際の選択肢が極端に少なく、なかなか気に入ったものが手に入らなくて苦労しました。

さて、そういうマイノリティー向けギターは普及機に設定するのが楽器業界の常套手段。実はギブソンもSONEXには標準でレフティーを設定していました。

レフティー楽器はその佇まいに少し違和感があり、格好よく見えてしまいます。
1 1983 lefty.jpg
サーフィンで同じ波に乗ってもバックサイドだと上手く見えるのと同じ理屈ですね(どういう例えだ?)

ライトハンダーとは単純に鏡像の関係です。
2 1981 lefty.jpg

色について見てみると流通したレフティーSONEXには赤が多いです。
3.jpg

でもこの4色がメーカー標準なのかなあ。
4 lefty colors.jpg
ほかに白もあったような気がするのですが白は塗り替え個体が多いので・・・鑑定が難しいです。

ここでわかったこと、レフティーは一番下のグレードであるDELUXEにしか設定されていない!

もし私がいじりオヤジを続けていたら間違いなくレフティーのCUSTOMを作ったでしょうね(笑)。

次回はレフティーSONEXに関してオヤジ的に気が付いた点があるのでそれを。


nice!(10)  コメント(0) 

オークションを楽しむ [SONEXムダ知識]

SONEXをいじっていたのはもう遠い昔のことのようです。何であんなに夢中になったかなあ?

でも、Ebayのチェックだけは今でも欠かせない日課となっています。

さすがEbayです。こんな抜け殻がちょくちょく出てきます。
PIC1.jpg
商品説明によるともともと1980年製のDELUXEということです。ピックガードの穴の配列からみてDELUXEに間違いありません。が、よく見るととても困った個体です。

まずこのヘッド周りです。
PIC2.jpg
トラスロッドのナットが見えます。なんとギブソンの標準タイプです!それをわざわざ3穴のカバーで塞いでいたようです。そして1フレットにポジションマークが見えますね。

フィンガーボードはエボニーです。
PIC3.jpg
ということはこれは1980年製のCUSTOMのネックでは??

この辺りのフレットは普通あまり減りませんよね。
PIC4.jpg
そう考えるとこれはフレットレスワンダーです。ここからキャビティー内をよく見るとこの個体は黒でオーバーラッカーされていることがわかります。私が昔悩んだ謎の丸いシール(未だに正体掴めず)が黒くなっているのでバレバレです。

ネック裏の塗装が剥げてしまうのはSONEXのお約束です。
PIC5.jpg
で見えた木肌はメイプルですね。ボリュートありのメイプルネックですか??

ボディーは弁当箱ザクリじゃないタイプです。
PIC6.jpg
この斜めに付いたルーティング痕は私が以前所有していた1980年製のCUSTOMにそっくりです。


このSONEXの鑑定結果を発表します。

もし、これが本当にDELUXEであったのなら大変珍しい仕様だと言えます。

でも、私はもっとシンプルな推理をします。

これは1980年製のCUSTOMの本体にDELUXEのアッセンブリーを乗せていた個体ではないでしょうか。

などなど、1本のSONEXを巡りいろいろと妄想を膨らませています。

静かな夜にジャックダニエルズ片手にといきたいところですが私はお酒を飲みません。

なんと安上がりな趣味でしょう!

マニア時代の私ならこの後間違いなく入札しています(笑)。





nice!(12)  コメント(0) 

ヘッドは繋がりましたが・・・ [SONEXムダ知識]

ジャンクSONEXのヘッドです。

うちに届いたときはこうなっていました。
head broken.jpg
ぼっきりと折れていました。

ひとまず折れ口を温存するためにタイトボンドで接着しました。

接着そのものはうまくいきました。恐らく弦を張っても大丈夫です。

と思ったら・・・・その折れ口以外にもひび割れを発見。
Dscn0818.jpg
良く見えないけどやじるしのところです。

このネックが使えるかどうか微妙なところですね。


nice!(3)  コメント(0) 

ヘッド折れ補修中 [SONEXムダ知識]

もうSONEXいじりは当分やらないようなことを言っていたオヤジですが、

こんなことしています(汗)
Dscn0806.jpg
ヘッドの圧着中です。

先日ヤxオクでヘッド折れジャンクのSONEXを落札したのです。もちろん部品取り用です。ヘッドは完全に折れていましたが、きれいに折れていたのでダメ元でくっ付けてみました。でも、このギターを再生させる予定は今のところありません。

それにしても最近、よくSONEXがオークションに出てきますね。今も3本くらい出ているようです。

このSONEXなのですが、オークションにはSTANDARDとして出品されていました。
Dscn0814.jpg
こんなロッドカバーが付いてましたから。

しかし、ここはSONEXマニアのブログですのできちんと鑑定したいと思います。

シリアルナンバーによるとこの個体は1980年製です。そしてネックのサイドを見ると、指板まで黒く塗装されているのでDELUXEのネックであることが分かります。
Dscn0809.jpg

ピックアップがSTANDARDのダーティーフィンガーズではなくベルベットブリックですので、ボディーもDELUXEだと思われます。
Dscn0811.jpg
要するにこのギターは1980年製のDELUXEに誰かがSTANDARDのロッドカバーを付けたものだと考えられます。

オークションでは大人げなく競り合ってしまいました。次点の方、本気で欲しかったのなら申し訳ありませんでした。でも、現物は相当のジャンクですよ。

たとえばネック。
Dscn0808.jpg
裏の色剥げは当然として、サイドも何故かズタズタです。

ローズの指板は、カビが生えたのか?シミだらけです。
Dscn0812.jpg

ボディーは塗料が溶けています。
Dscn0813.jpg
ボディー裏にはステッカー跡がばっちり。オーマイガッ!

チューナーも腐食していましたよ。要するに完全ジャンクです。とても高額で落札するようなギターではないです。オイラみたいなモノ好き以外は・・・

もうほんとにいじっている暇がないので、このギターはこのまま倉庫入りです。整備の途中になっているSONEXの数が・・・・今は考えないことにしよう。





nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | - SONEXムダ知識 ブログトップ