So-net無料ブログ作成
サーフィン ブログトップ

今年の年末はどうなってんの? [サーフィン]

例年なら今の季節のサーフポイントはクローズです。

北東の季節風が吹くからです。

でも今年は夏のようなメローな日が続いています。
mel1.JPG

おかげで週末は貸し切り状態でサーフィンしてしまいました。
mel2.JPG

ちょっと掘れた波で腰痛のリハビリにはきつかったです。
mel3.JPG

なかなか引退させてもらえないなあ。



nice!(8)  コメント(0) 

サーフトリップ [サーフィン]

今日は12月26日、当地はクリスマスの振替休日です。

私はCommonwealthで仕事をすることが多く、25日と26日はセットで休日になるのが当たり前でした。ところがアメリカ系の当地では12月26日がBoxing Dayなどとは誰も知らず、なんでボクシングするんだと日本人並みのボケをかます人が多いです。所変わればですね。

さて、私はこのクリスマス休暇を使って今年(人生)最後のサーフィンをしようと考えておりました。

今はすでに北東季節風が吹き出したので滅多なことでサーフィンはできないのですが、先週の金曜日辺りから風向きが南に変わったので、もしかして・・・といつものポイントへ行ってみると。

風は確かに南なのですが、波はグシャグシャ。
Dscf9506.jpg
カレントもきつく、もちろん海には入りませんでした。

しかしです、一定間隔のウネリが遠くのリーフに当たっているのがわかります。
Dscf9517.jpg
この画像では4本ですね!ドローンで上空から見たらマシンウェーブになっているはずです。

で、衛星画像で確認すると・・・あれっ!台風が発生している!!
26th typhoon.jpg
こんなの昨日あったかなあ???(高知大学気象情報頁より借用)というわけで、ウネリの原因は判明しました。

もうサーフィンは諦めましたが、折角なので、ボードを積んで東海岸をずっと下って新しいポイントを探しました。

昔は海からしかアクセスできなかった小さな村も今では道路が整備されてクルマで行けるようになっています。私も初めて行くところばかりでした。

海岸からリーフまでは船がなければちょっと行けないほど離れているため、結局ポイントは開拓できませんでした。遥か沖には波が見えているんですけれど。

しかし、大航海時代の銅版画のようなこざっぱりとして静かな村があったりして、今回のサーフトリップはとても楽しかったです。
Dscf9537.jpg

それでは、皆様、良いお年をお迎えください。


nice!(13)  コメント(0) 

シークレットポイント [サーフィン]

北半球の低緯度地方ではこの時期強い北東の季節風が吹きます。そのためこの国の東海岸はオンショアとなって半年近くサーフィンができません(上級者ならアウターリーフに行けばできるそうです)。

地図を眺めてこの季節でもできるところを探してみるも、西海岸で陸からエントリーできそうなところはありません。

いや待てよ、離島ならあるぞ。あの島だ!

で、うまい具合に仕事でその島へ行くチャンスがめぐってきました。

仕事を早々に切り上げ波のチェックをしました。還暦前のオヤジが何やってんでしょうね(笑)。

そのポイントは私の予想したとおり、いや予想以上の波でした。

写真を撮ってきましたのでご覧ください。
1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg


実はこの海岸は太平洋戦争末期にアメリカ軍の上陸用舟艇が何百と押し寄せてきたところなのです。
6.jpg

波は素晴らしいのですが、さすがに海で遊んでいいものか。心理的にはきついものがあります。

この島はいまだに夜になると日本兵の足音が聞こえてくることで有名です。

やはり特別な場所です。サーフィンは止めておいたほうが良さそうです。


nice!(22)  コメント(0) 

マジックボード [サーフィン]

今日はハロウィーンです。昨日職場でスタッフにこんなものが配られました。
CAQ4OICQ.jpg
近所のガキどもが来たらお菓子をやらなきゃないので助かりました。

さて、ビンテージボードの話なのですが、家に持ち帰ったときはこんなでした。もちろんクリーニング済みです。発見時は一見してサーフボードとはわからないほど壮絶な汚れでした。
1.jpg
で、汚れを落としてみると、あれっ?デッキにほとんどダメージがありませんし、ツヤも残っています。この板は茶色の板ではありません。もともとは真っ白だったはずです。見事に焼けてビンテージ感が半端ないですね。

しかーし、裏返してみると・・・ノーズは腐っています。
2.jpg
ボトムには穴がいくつも開いているし・・・

レールはすべてに亀裂が。
3.jpg

テールに至ってはクロスがぺろりと剥げてフォームが丸見えです。
4.jpg

これはもう完全ジャンク。粗大ごみのレベルです。これに乗ってみようというのだから私も余程困っていたんでしょうね。

アルミテープでとにかく防水対策だけして・・・もう分野が違うのでここから先は割愛です。

で、フィンだけはこれまたジャンクのパドルボードを見つけたのでそれから外しました。
Dscf5315.jpg
ベースをグラインダーで削り苦労して取り付けました。はじめはシングルフィンでテストライドした(これはマイルドでとても良かった)のですが、この板は本来トライフィンだったようなのでロングのサイドフィンを取り付けました。マリンエポキシで接着したのでフィンはもう外せません。そしてこの板はシングルフィンにすべきでした。

楽しい板です。でも、使うたびに浸水するので、あと数回の寿命かと思います。この板、いわゆるマジックボードです。このような自分の実力以上に乗れる板に出会うことは滅多にありません。

本当にクロスを巻き直してフルレストアするかもしれませんよ(笑)


nice!(10)  コメント(0) 

ビンテージボード [サーフィン]

早いものでこちらに赴任して1年近く経ちます。

家財道具もほとんどなく身軽な生活をしていますが・・・増えたものもあります。

二部屋あるうちのひとつがこの状態です(汗)
Dscf5230.jpg
赴任したときは分割ロングが一本だけでした。

あるとき友人がこちらに来ることになりボードがどうしてももう一枚必要になりました。

こちらにはサーフショップなどないので板を手に入れるのも一苦労です。

あちこちに声をかけまくって職場の同僚が弟の家の納屋で見た事があるとの有力情報をゲット。

その板がこれです。もちろんタダでもらいました!
Dscf5232.jpg
おそらく1980年後半から1990年前後のものです。ブランドも原産国もわかりません。所有者は昔ハワイで購入したと言っていますが、いわゆるハワイアンボードではないようです。サーフショップではなくホームセンターなどで売られたTOYではないかと想像しています。

とにかくボロボロでしたが、応急処理をして乗ってみることにしました。板が買えないので最悪クロスを巻き直す覚悟でした。古い板は保管が悪いとねじれたりしていて使い物にならないものも多いのでまずはテストから。

ところがいいんですよ!

私は腰痛が酷くて、いつ波乗りを引退するかとタイミングを伺っている毎日でした。でもこの板には乗れるんです!きっと浮力のせいだと思います。
vintage.jpg
この板、自分自身を見ているようです。満身創痍。ビンテージにもなれない古道具。

今日もこれから海に行ってきます。そろそろ季節風が吹き出す季節。クローズしてしまう前にやっておかないと。










nice!(13)  コメント(0) 

アコードワゴン出動! [サーフィン]

今日、アコードワゴンで海に行ってきました。

板はなぜか2枚です??
Dscf2034.jpg

ちゃんと収まっています。
Dscf2046.jpg

板を平積みにして左および後方の視界も確保。
Dscf2043.jpg

風予報サイトでは今日の風は少し弱まるということで出発したのですが・・・・

ポイントまで車で約40分。

途中、高台から海を見渡すとご覧の通り。
east coast.jpg
グシャグシャのジャンクコンディションでした。

ポイントに着いてみるとカレントも相当きつく、危険と判断し、入水中止。

いつものように、ただのドライブになってしまいました。

実は今日は連れがいました(カミさんに怒られるような関係ではありません)。

この娘です。C嬢としておきましょう。おばさんのようにも見えますが大学を出て政府機関に就職したばかりです。
Image3.jpg
米国籍を持つアイランダー(私の居る国ではありません)でハワイ育ち。ノースショアでサーフィンをはじめたというツワモノです。

しかしですね、海に向かう車中でも全然会話が弾まないのです。それなりに受け答えはしてくれるのですが。

私の英語が稚拙なことを差し置いても、どうも話が噛み合いません。

でも、それは当たり前かも知れませんね。

よく考えてみると私は彼女のお父さんの世代なのです。こりゃ、参ったね!




nice!(6)  コメント(0) 

アコードワゴン [サーフィン]

13年落ちのスクラップだったUSアコードワゴンが今の愛車です。

これといった問題もなく、元気に走っています。

このクルマを選んだ理由は第一にロープロフィールでカッコいいから。

そして、ロングボードを中積みできるという噂を聞いたから。

ミニバンやワンボックスではダメなのです。そんなの入って当たり前ですから。

で、早速入れてみました。板は9フィートです。
Dscf0375.jpg
ホントに入りました!これならフィンを付けたままでロング2枚は楽勝です。ショートなら3枚積んで、3名乗車で波乗りに行けそうです。なんということじゃ!

でもねえ、助手席側はこんな感じで完全に視界を遮るから、板は可能な限り寝せないとだめです。
Dscf0376.jpg
いづれにしても板をポンと積んでサーフィンに行けるのでとても快適です。

もはやサーフィンは腰痛のリハビリでしかなくなってしまったオヤジですが、ガンガン海に通いますよ。と言いたいところだけど、こちらは今のシーズンは東の季節風が強く吹くので海が荒れて、陸からエントリーできるポイントではほとんどサーフィンはできません(涙)。

nice!(5)  コメント(0) 
サーフィン ブログトップ